企業移転アンケート調査結果

他のアンケートを見る

オフィス移転を行った目的と移転先選定理由は?

オフィス移転事由は?(07−09年対比)

オフィス移転事由について、08年度に9%であった「経費削減のため」が14%に、「スペース見直しのため」が12%に増加。経営を継続維持するための“守りの移転”へシフトしています。

移転事由ベスト3(09年)

  1位 2位 3位
札幌 経費削減のため スペース見直しのため 人員増員のため
仙台 経費削減のため 人員増員のため 立地改善のため
東京 人員増員のため 事業規模拡大のため 経費削減のため
横浜 事業拡大のため 新規事業スタートのため 人員増員のため
名古屋 人員増員のため 立地改善のため 経費削減のため
大阪 人員増員のため 経費削減のため 事業規模拡大のため
広島 その他
福岡 経費削減のため 人員増員のため 事業規模拡大のため

東京、大阪、名古屋の移転事由は「人員増員のため」が1位であることから、固定費を削減しながら人を増やし既存事業の強化や新規事業の立ち上げを画策するテナントが多いことがうかがえます。

移転エリアの選定理由は?(07-09年対比)

移転エリアの選定理由ベスト3(09年)

  1位 2位 3位
札幌 電話番号が変わらない 賃料相場が安い 取引先が多い
仙台 賃料相場が安い 電話番号が変わらない 関連会社が多い
東京 賃料相場が安い 電話番号が変わらない 取引先が多い
横浜 賃料相場が安い 取引先が多い 競合が少ない
名古屋 賃料相場が安い 電話番号が変わらない 取引先が多い
大阪 電話番号が変わらない 賃料相場が安い 取引先が多い
広島 電話番号が変わらない 賃料相場が安い
福岡 賃料相場が安い 電話番号が変わらない 取引先が多い

仙台、東京、横浜、名古屋、福岡で「賃料が安い」が1位、札幌、大阪、広島で「電話番号がかわらない」が1位となり、この2つの事由が上位を独占することから、賃料が安く電話番号を変えないで済む同エリアでの移転が多いことがわかります。

オフィス移転に効果を感じていますか?

移転事由ベスト3(09年)

1位 社員のモチベーションが向上した
2位 コスト削減を実施できた
3位 安心して仕事ができるようになった
4位 来客が増えた
5位 会社のブランディングに貢献した
6位 人材確保が容易になった
7位 売上がアップした
8位 ファイリングの改善ができた
9位 休日出勤・シフト勤務が可能になった

上位にランクされた「コスト削減が実現できた」については、経済危機の影響により拠点の統廃合など経営建て直しのための移転が成功したことを裏付ける結果となった。従業員のメンタルケアにも効を奏しているようです。

オフィス移転の効果として「コスト削減が実現できた」が17%と08年度に比べ増加した。「人員確保が容易になった」、「売り上げがアップした」は08年度に比べ減少が目立つ。移転効果の有無について、「当初の期待通りの成果が上がった」と答えたテナントは77%となり08年度に比べ急増していることから、経営再編の中で固定費削減など具体的な目標に対してROI(投資収益率)の高いオフィス移転であったことが予測できます。

このページの先頭へ戻る

""