街から探す - 首都圏エリア 渋谷区 渋谷駅周辺

2012/11/02

地図を拡大

「汐留」エリアは、新橋のビジネス街と銀座の繁華街を結ぶ中間に位置し、北西に東京・丸の内や皇居を望み、南東にはかつて将軍家の鷹狩場だったという広大な浜離宮恩賜庭園が広がる。

このエリア周辺のオフィスを探す

賃料相場

オフィス物件総数321棟 (港区 新橋・汐留・虎ノ門エリア)

規模(基準階) 募集物件棟数 平均推定成約賃料(坪単価)
300坪以上 15棟 21,404円
100〜300坪未満 75棟 17,123円
20〜100坪未満 231棟 14,626円

※当社調べ 2012年9月時点で竣工済のオフィスビル
※一部募集条件非公開の物件を除く

都心の大規模跡地から誕生した巨大複合都市 歴史・文化を未来へ繋ぐ潤いある街を創出

JR新橋駅汐留口を降りると、駅ロータリーを挟んでゆりかもめ(東京臨海新交通臨海線)新橋駅がすぐそばにある。ここから次駅の汐留駅に続く一帯が「汐留」と呼ばれるエリアだ。この地は、日本初の鉄道が開業しその始発駅「新橋駅」が置かれたことでも知られる。
昔ここが海辺だったことを偲ばせるのは駅のシンボルに使用された「葦」をデザインした文様だ。「汐留」エリアは、新橋のビジネス街と銀座の繁華街を結ぶ中間に位置し、北西に東京・丸の内や皇居を望み、南東にはかつて将軍家の鷹狩場だったという広大な浜離宮恩賜庭園が広がる。この抜群のロケーションに加え、JR新橋駅には東京メトロ銀座線、都営浅草線、ゆりかもめ汐留駅には都営大江戸線などが乗り入れ、エリア周辺には第一京浜や首都高速が走るなど、交通アクセスのよさからも企業人気が高い。そのきっかけは2007年、この地に“汐留シオサイト”と呼ばれる巨大複合都市が誕生したことから始まる。1986年に廃止となった汐留貨物駅跡地の再開発事業が完成したのだ。東京ドーム約7個分に匹敵する約31haもの敷地に、最先端の超高層ビルが次々と建てられ、大手放送局や広告代理店など日本を代表する企業が本社機能を集結した。高級ホテルやショップ、劇場、美術館、人気レストランなども次々と設けられて、広大な遊閑地がアッという間にスタイリッシュで華やかな最先端都市に生まれ変わった。

2002年10月最初に竣工したのは、エリアで最も東側に位置する電通本社ビル。地上48階・地下5階の超高層複合施設だ。大手広告代理店電通が本社機能を置くほか、46・47階にスカイレストラン、低層階にはショッピングモールや劇場などを併設し、地下には「アド・ミュージアム東京」が広告やマーケティングに関する展示を行っている。
今やエリアの“顔”ともいえるランドマークビルは、2003年1月に竣工した「汐留シティセンター」だ。ゆりかもめ新橋駅から伸びるペデストリアンデッキ(連絡通路)で繋がり、この地を訪れる人に親しまれているビルだ。エリア内で最も高い全長約215m。4階から40階までのオフィスフロアは、基準階面積約842坪。「働く人に一番の場所」というコンセプトを打ち出し、100ミリOA床に、60VA/屬離灰鵐札鵐藩椴未魍諒櫃垢襪覆鼻∈8綽陛犬靴討いことが予想されるIT化に向けた対応も万全だ。窓からの熱を削減する工夫、空調に関わる電気容量の削減を図るなど環境対策の工夫なども施され、竣工前から90%が埋まるほどの人気を博している。高層階からの眺望 を重視し、建物を敷地形状に対して斜めに配置するなどの工夫が凝らされている。富士通、全日本空輸、三井化学などの本社が入居している。敷地内には、鉄道開業当時の「新橋駅」を復元した「旧新橋停車場」があり、未来と歴史を融合する文化ゾーンが形成されている。

また、2003年4月に日本テレビの新しい顔となった「日本テレビタワー」が竣工し、同年6月には、国際的メディアである共同通信社が新本社機能を置く「汐留メディアタワー」が竣工して、新たな情報発信基地としても注目されるようになった。2004年には、ゆりかもめ汐留駅に面して地下3階・地上25階の「汐留住友ビル」が竣工。高層階には基準階面積1060坪の賃貸オフィスを設け、低層階は、ビジネスホテルを配した。駅や地下道に直結する利便性が話題を呼んでいる。
この巨大複合都市は、11の街区に分けられ、ビジネス、商業、居住空間が複合的に存在し魅力ある街が創出されている。“シオサイト(SIO-SITE)”の名は、「地球と自然の共生によって生まれた地域、未来発信基地のサイト」などを意味する。「一過性の都市開発に終わるのではなく、継続的に生きていく街、総合的な魅力を持ち続ける街をハード面、ソフト面等さまざまな角度から目指していく」という想いが込められている。

汐留貨物駅跡地こそ、都市再生の鍵


1974年当時の汐留貨物駅
建設総投資額約8,000億円という空前の規模で行われた汐留貨物駅跡地の再開発事業は、日中の就業人口約6万1,000人、居住人口約6,000人にも及ぶ都市空間を創出した。1914年に、東京駅の開業に伴い新橋駅が現在の位置に移されると、旧新橋駅を貨物専用の「汐留貨物駅」として生まれ変わった。汐留貨物駅は、その後日本の貨物のターミナル駅として栄え、一時期は築地に専用線が引かれ周辺に中小の運送業者が集まるなどの賑わいを見せた。しかし、1980年代に入り物流の主流が鉄道からトラックに代わって汐留貨物駅は、1986年、国鉄民営化とともに廃止になった。

このエリア周辺のオフィスを探す

このページの先頭へ戻る

""