街から探す - 首都圏エリア 千代田区 丸の内周辺

2012/11/02

地図を拡大

2011年には、東京駅の駅舎・駅前広場・行幸通りの再整備が終了し、かつての東京中央郵便局の跡地に「JPタワー(仮称)」などの竣工が予定されている。新時代に対応する新たな都心像、丸の内らしさが、いま形成されようとしている。

このエリア周辺のオフィスを探す

賃料相場

オフィス物件総数45棟 (千代田区 大手町・丸の内・有楽町エリア)

規模(基準階) 募集物件棟数 平均推定成約賃料(坪単価)
300坪以上 36棟 35,916円
100〜300坪未満 4棟 22,857円
20〜100坪未満 5棟 22,075円

※当社調べ 2012年9月時点で竣工済のオフィスビル
※一部募集条件非公開の物件を除く

歴史と伝統を現代に融合する大規模再開発新たな都心像を提示する「丸の内」らしさを創出

東京駅は、首都東京の中心にあってその表玄関とも言うべき日本屈指のターミナル駅だ。鉄道路線も多く乗り入れ、東日本旅客鉄道(JR東日本)では、東海道線・中央線・山手線・京浜東北線・横須賀線・総武線(快速)・京葉線、東北新幹線・山形新幹線・秋田新幹線・上越新幹線・長野新幹線、東海旅客鉄道(JR東海)では、東海道新幹線、また地下鉄では東京メトロ丸ノ内線などが利用でき、中央と地方さらには首都圏エリアを繋ぐ交通の要衝となっている。
その東京駅の西側、皇居外苑に至るまでの区間が丸の内エリアだ。北は神田寄りの1丁目から南は有楽町寄りの3丁目まで、東西約200m、南北約1.5劼涼罎法∋杏グループを中心にグローバルに事業展開する大手企業が入居するハイスペックオフィスビルが建ち並ぶ。日本の経済を牽引するビジネス街だ。
東京駅のJR丸の内口中央改札を出ると、まさにそのエリアの真ん中に降り立つことになる。そこでまず目に入るのは、正面の道幅約74mという大通り(行幸通り)が真っすぐに皇居外苑へと伸びるロケーションだ。その両端には、左側に2004年8月に新たに竣工した超高層ビル「丸の内ビルディング」、右側には2007年4月に竣工した「新丸の内ビルディング」の威風堂々とした外観を見ることができる。
それぞれ、1998年から取り組まれている丸の内地区を中心とした再開発事業の「第1ステージ」で建替えられた。都市計画の特定街区制度適用及び特定容積率適用区域制度を利用した東京駅の赤煉瓦駅舎からの一部容積率移転により、1300%の指定容積率が1700%に緩和されて大規模な超高層オフィスビルが実現した。この地は、もともとは江戸城に参内する大名の屋敷がある場所だった。
幕末の動乱期には、その空き地を利用して練兵場が設けられ、多くの兵舎が造られた。明治維新を経て、1890年(明治23年)に、約8万1000坪の土地が、民間企業である三菱社に払い下げられ本格的な街づくりが始まった。このエリアが皇居に近く、東京の中心に位置することから、街づくりは、一企業の視点に留まらず、官民恊働で計画が進められ、統一された街並重視の考え方が貫かれることとなった。そこで誕生したのが、1894年(明治27年)竣工の「三菱第一号館」だ。日本で初めての西欧建築技術を駆使した赤煉瓦の本格オフィスビル。翌年に「三菱第二号館」、さらにその5年後には「旧東京商工会議所」「三菱第三号館」が相次ぎ竣工するなど、煉瓦造りのオフィスビルが次々と建てられ、日本屈指のオフィスビル街を形成した。
当時、その光景が、ロンドンの街並みを彷彿とさせたことから「一丁倫敦」と呼ばれ一世を風靡した。その雰囲気は現在も受け継がれている。歴史的背景から生まれた日本独自の街づくりのスタイルが踏襲され現在に至っている。そのため世界で最も“インタラクションが活発”な街と言われている。

今、このエリアで新たなランドマークとして注目を集めているのが「丸の内パークビルディング」と復元された「三菱一号館」だ。
これらは再開発事業の「第2ステージ」の第1弾として三菱商事ビル・古河総合ビル・丸ノ内八重洲ビルの跡地を利用して2009年4月に竣工された。「丸の内パークビルディング」は、地上34階・地下4階、塔屋3階の複合施設だ。地下1階から4階までは商業ゾーンとして、それより上の階はオフィスフロアとなっており、新日本製鐵、三菱商事などが入居している。伝統と革新をテーマとした、流れるようなフォルムが丸の内のビル街に、新たな風を吹き込むこととなった。また同じ敷地内にある、明治の外観を忠実に復元した「三菱第一号館」も、美術館として明治建築の趣きを今に伝える。内部は、当時の街並みなどの資料が展示され、毎日多くの来訪者を迎えている。丸の内の歴史の息遣いがじかに感じられる希少な場所となっている。
現在、丸の内エリアの再開発計画「第2ステージ」は順調に進んでいる。2011年には、東京駅の駅舎・駅前広場・行幸通りの再整備が終了し、かつての東京中央郵便局の跡地に「JPタワー(仮称)」などの竣工が予定されている。新時代に対応する新たな都心像、丸の内らしさが、いま形成されようとしている。

軒高15mのスタンダードを確 立明治の都市景観を代表する美観


写真提供:三菱地所株式会社
1894年(明治27年)、イギリスの建築家ジョサイ・コンドルによって設計された。「三菱一号館」。イギリスのヴィクトリア時代を代表する正統的な「クイーンアン・スタイル」のデザインで、コンドルの代表作にもなった。軒高が15mあり、その後竣工されるオフィスビルもこれに倣って高さを合わせた。そのためその後に竣工した「三菱二号館」、「三菱三号館」、「東京商工会議所」と合わせ4つの建物はみな同じ軒高となったため「三菱村の四軒長屋」という愛称で呼ばれた。オフィスビルの珍しい当時の人の目には、ヨーロッパ建築の粋がジャパネスクの美学に同化したに違いない。明治の都市景観を代表する美しさが語り継がれ、取り壊した後も復元への熱い思いが寄せられた。

このエリア周辺のオフィスを探す

このページの先頭へ戻る

""