街から探す - 首都圏エリア 中央区 三越前駅周辺 -

2012/11/02

地図を拡大

このエリアは、「千疋屋」など、創業が江戸時代という老舗店舗が多く見られ、街並みに歴史の薫りが漂う独特の風情が感じられる。日本橋の中でも最も日本橋らしいと人気が高いエリアだ。江戸時代から金融業も盛んで、現在も日銀本店があることなどから貨幣との縁が深い。

このエリア周辺のオフィスを探す

賃料相場

オフィス物件総数272棟 (中央区 日本橋・八重洲エリア)

規模(基準階) 募集物件棟数 平均推定成約賃料(坪単価)
300坪以上 10棟 20,158円
100〜300坪未満 44棟 18,219円
20〜100坪未満 218棟 15,231円

※当社調べ 2012年9月時点で竣工済のオフィスビル
※一部募集条件非公開の物件を除く

歴史的資源を未来へ繋ぐ街づくり伝統文化と先進性が息づくビジネスエリア

銀座から神田へ向けてまっすぐ伸びる中央通りが、日本橋交差点で首都高速環状線をくぐると日本橋室町となる。このエリアは、「千疋屋」など、創業が江戸時代という老舗店舗が多く見られ、街並みに歴史の薫りが漂う独特の風情が感じられる。日本橋の中でも最も日本橋らしいと人気が高いエリアだ。江戸時代から金融業も盛んで、現在も日銀本店があることなどから貨幣との縁が深い。銀行や証券会社など金融関係の企業も多く、三井グループが本拠地を置くことなどからビジネスエリアとしての人気も高い。

東京メトロ銀座線「三越前」駅は、そんな室町1丁目〜4丁目を網羅する主要交通アクセスとして、毎日多くの人に利用されている。この特徴的な名前は、東京地下鉄が新橋への延伸中に資金難に陥って、この地に本店を構える三越が駅の建設資金を負担したことから名が付いたという。
三越は日本で最初の百貨店だ。現在「日本橋三越本店」として、地下鉄の真上に壮麗な建物を見ることが出来る。1914年(大正3年)新館竣工とともに、中央ホール2階に当時破格な値段で米国から購入したというパイプオルガンが置かれ、今も毎日時間限定で生演奏を奏でている。最先端音楽機器の揃った今でも、その独特の音色に魅かれて訪れる人は多い。
現在の建物は1935年(昭和10年)に増改築されたものだ。完成当時は、国会議事堂、丸ビルに次ぐ大建築として話題になった。1999年(平成11年)に、東京都選定歴史的建造物に指定されている。

そんな「日本橋三越本店」に隣接するのが「三井本館」だ。1902年竣工した旧本館は関東大震災で被災し、1929年に建替えられた。地上7階・地下2階、鉄筋コンクリート造で、関東大震災の2倍の地震に耐えられるよう設計された。これは現在の耐震改善促進法の基準を大きく上回る。新古典様式の威風堂々とした外観で、1998年に国の重要文化財に指定された。三井不動産本社、三井住友銀行日本橋支店、中央三井信託銀行日本橋営業部などが入居しているほか、7階には三井家の所蔵品を展示している三井記念美術館が2005年10月に開館した。このビルは現在も現役稼動中だが、三井の歴史と文化を日本橋地区の年再生へと繋げる試みとして、三井不動産が隣の敷地に計画したのが「日本橋三井タワー」だ。地上39階・地下4階、全長約195m。2005年7月竣工のこのエリアで初めての超高層ビルだ。伝統と先進性を調和させたハイグレードなオフィスビルとして熱い視線が注がれる。地域への開放性も兼ね備え、そこに暮らす人々と街との調和をはかった日本橋地区のランドマークビルとして人気を集めていることにも注目したい。
低層部の外観は、「三井本館」のデザインを継承し、その内部も「三井本館」の列柱をあしらったエッチングガラスが設置されるなど、伝統と革新の一体的な調和を目指している。千疋屋総本店が入居し、上層階には日本初進出となる「マンダリンオリエンタル東京」が開業している。

これらの建物と中央通りを挟んで対峙するのが、現在進行中の「日本橋室町東地区再開発」エリアだ。三井不動産、野村不動産などが中心に進める開発プロジェクトは、東京都年再生特別地区に指定され、官民が一体となって日本橋の魅力を未来に引き継ぐ新たな取り組みを進行している。
現在、第一弾として建築工事が進むのは二つの超高層オフィスビルだ。一つは室間賃2丁目の「室町東三井ビルディング」。コンセプトは「残しながら、蘇らせながら、創っていく」という。地上22階・地下4階建てのオフィス・商業・多目的ホールからなる複合施設で、地下1階〜4階が飲食店と物販店の入居する商業エリア、5〜6階の多目的ホール(名称:日本橋三井ホール)「COREDO室町」と10〜21階までのオフィスフロアで構成される。今年10月竣工予定で完成間近となった。もう一つは、室町4丁目の「日本橋室町野村ビル」だ。地上21階・地下5階で、こちらはさらに1ヵ月早い今年9月を竣工の目途としている。すでに新生銀行本店などがオフィステナントとして内定し、歴史的資源を継承しながら、未来へつなく「街づくり」が着々と整っていく様子が窺える。

江戸町民の大きな需要を掘り起こした三井


写真は、明治20年頃の三越
(提供/中央区立京橋図書館)
日本橋を本拠地とする三井グループは、江戸時代、近江から江戸へ出て「越後屋呉服店」を創業した。そこで「店先売り」と「現銀(金)掛値なし」という新しい商法を打ち出し大ヒットする。当時、一流の呉服点は、前もって得意先の注文を聞き、後から商品を持参する見世物商いか、直接商品を得意先に持参する屋敷売りが主流だった。得意先は、大名や武家、大きな商家に限られ、支払いは盆・暮れの二節季払いか、年1回の極月払いが専らだった。この方法では、人手も金利もかかり商品の価格も高く、一般庶民が購入できる価格帯は望めなかった。そこで、店頭での現金取引を考案した三井は、この方法で商品を安く売ることを可能とし、庶民の人気を集めた。

このエリア周辺のオフィスを探す

このページの先頭へ戻る

""