街から探す - 首都圏エリア 中央区 京橋周辺 -

2012/11/02

地図を拡大

京橋エリアは、東京都中央区のほぼ中心に位置し、北の一丁目から南の三丁目までに分かれ、それぞれ日本最大の商圏である日本橋、銀座と隣接している。江戸時代から多くの職人が息づく活気ある庶民の街として発展してきた。

このエリア周辺のオフィスを探す

賃料相場

オフィス物件総数272棟 (中央区 日本橋・八重洲エリア)

規模(基準階) 募集物件棟数 平均推定成約賃料(坪単価)
300坪以上 10棟 20,158円
100〜300坪未満 44棟 18,219円
20〜100坪未満 218棟 15,231円

※当社調べ 2012年9月時点で竣工済のオフィスビル
※一部募集条件非公開の物件を除く

熱い期待と注目に湧く大規模再開発ビジネス拠点の最先端へ

エリア内は、外堀通り、中央通り、昭和通りが並行して走り、東京メトロ銀座線京橋駅、都営地下鉄浅草線宝町駅が最寄り駅だ。
また、外堀通りを挟んでJR東京駅八重洲中央口が徒歩圏という交通アクセスの良さもあり、以前から企業人気が高くオフィスゾーンとしてのポテンシャルを高めてきた。株式会社ブリヂストン、明治製菓株式会社、味の素株式会社、有楽土地株式会社など、錚々たる企業が本社機能を置くエリアだ。

今、このエリアで、オフィスビルを中心とする大規模再開発が活発化している。地下鉄京橋駅明治屋口を出ると、まず目に入ってくるのは、森トラスト株式会社が進める「(仮称)京橋2丁目プロジェクト」だ。
かつての「京橋ビル」「京橋MTビル」の跡地に地上22階、地下3階建て、高さ108.7m、延べ床面積5万2000屬竜模でオフィス、店舗、ホテル等の複合ビルを建設する計画だ。
2013年竣工を目途に、2006年秋から地上ビルの解体工事に入り、現在は地下躯体の工事中だ。そのすぐ南側では、同エリア最大規模となる「京橋二丁目西地区再開発事業」が進捗を見せ始めた。再開発の対象となるエリアは、京橋2丁目の2、3番街区に跨がる。開発エリア内には、昭和初期の高度な建築技術を今に伝える1933年(昭和8年)竣工の明治屋京橋ビルがある。中央区指定有形文化財として文化的価値も高く、耐震補強等のリニューアルを施し保存した上で、隣に地上32階、地下3階、延べ床面積約12万屬猟狭眩悒咼襪魴設するという大規模計画だ。
2011年2月、日本土地建物株式会社、東京建物株式会社、株式会社日建設計、清水建設株式会社の4社が特定業務代行者に選定され、本格的な取り組みを始めようとしている。建物は、4階以上をオフィス、2、3階を情報発信機能、交流・イベント機能を備えた観光拠点として整備。1階、地下1階は商業施設となる予定だ。区域面積は、約1ha。

また、現在明治屋京橋ビルに地下鉄の明治屋口が設置されていることを利用し、再開発ビルでは、地下1階と京橋駅を直結させ、大規模な地下広場を敷地中央に敷設する予定だ。これまで狭隘なイメージのあった京橋駅が、この再開発で大きく変化することとなる。中央通りをさらに南下し、鍛冶橋通りにさしかかると、次世代を見据えた環境配慮型の大規模複合再開発「(仮称)京橋3−1プロジェクト」が進行中だ。
これは、繊維・医療・部品・小売りなどを営む片倉工業株式会社の旧本社ビルの跡地と、近隣ビルとの共同開発事業だ。開発事業者は、片倉工業株式会社を始め、京橋開発特定目的会社、第一生命保険株式会社、東京建物株式会社など7社。2013年(平成25年)を目途に、地上24階、地下3階、延べ床面積約11万6000屐高さ約130mの大規模複合ビルが完成予定だ。このビルが竣工すると、東京駅周辺では最大級となる基準階面積約1000坪の広大なオフィスが出現する。

また、最先端の環境配慮型複合ビルとして、太陽光発電や高効率熱源機器などの省エネ最先端技術を導入。低層部には、「(仮称)京橋の丘」と名付けられた緑溢れるオープンスペースを創出。ビル利用者や京橋エリアを訪れた人に憩いの場を提供するとともに、都心のヒートアイランド現象を緩和する施策の一つとして期待が集まっている。
さらに、6階には、「(仮称)京橋環境ステーション」を設置し、エリア全体を省エネタウンとする取り組みを推進していくという。

昭和通りに目を移すと、日本のスーパーゼネコン5社の一つである清水建設株式会社の「新本社プロジェクト」の工事が今まさに佳境に入っている。
同社は、旧本社所在地であった京橋2丁目の敷地面積約4000屬法地上22階、地下3階、延べ床面積約5万1500屬旅眩愿錣函地上4階、地下1階建て、延べ床面積約2800屬猟秡愿錣魴設する。高層棟は2011年9月、低層棟は2013年2月の完成を予定している。高層棟には、オフィス棟のほか、災害時には防災拠点となる地域交流施設等が入居する予定だ。高層棟の外装面には、約2000嵎の太陽光パネルを装着する。昼光制御などの省エネ技術と組み合わせると、昼間のオフィス照明は、太陽光エネルギーだけでまかなえるという。低層棟には、保育園を中心とする子育て支援施設の入居を予定している。同社はこのプロジェクトによって、近年、昼間人口の減少が懸念されている京橋に、かつての活気を取り戻し、東京の都市再生に貢献することを目指している。
昭和通りを北に遡った京橋1丁目では、ブリヂストン美術館のすぐ側で、「KPP八重洲ビル新築計画」が進行している。これは、紙流通業で環境貢献を目指す国際紙パルプ商事株式会社が、CRE戦略の一環として取り組んでいる事業だ。
地上13階、地下1階の環境配慮型高機能オフィスビルを計画。基準階有効面積は約200坪、天井高2.75mの開放的な空間に、グリッド式システム天井や約100mmのOAフロア、個別空調などを完備し、レイアウトの自由度を高めた機能的な設計で、約25%のCO2削減を目指す。中央区はこれまで、隣接する千代田区や港区に比べ、超高層ビルや大規模ビルの供給に遅れを取ってきた。
そのため、多くの一流企業が他地区へと本拠点を移し、さらに、リーマンショック等による業績不振で企業流出が相次いだ。
しかし、このエリアへの愛着を示す企業は多く、依然として高い人気を誇る。大手町、丸の内、有楽町とともに、この再開発によって、再び企業の集積が加速する新たなビジネス拠点として大きな期待を集めている。

「京橋川」から始まったオフィス街の歴史

京橋の名は、1875年( 明治8年)、旧東海道である中央通り沿いを流れる京橋川に、石造りのアーチ橋「京橋」が設けられたことが由来だ。
1923年(大正12年)の関東大震災を経て、いち早く道路網の復興整備が進み、外堀通り、中央通り、昭和通りが並行して走る交通の要衝となった。その後、ビジネスエリアとしての重要性が高まりオフィスビル街が形成された。
写真は、1959年頃の京橋3丁目。右手には、日本の映画産業の草分け的存在である大日本映画制作株式会社(大映)本社がある。
初代社長は、文芸春秋社を起ち上げ、芥川賞、直木賞などを創設した菊池寛。

このエリア周辺のオフィスを探す

このページの先頭へ戻る

""